認知症カフェ「カフェ瀬戸の海」

カフェ瀬戸の海とは

 認知症の人や家族にとって、病気であることを意識せず本人と家族が参加できる空間はとても大切です。カフェ瀬戸の海はひとりひとりが自分のペースに合わせて参加できる場です。カフェの運営は認知症の知識や理解のある者で行っています。

  カフェ瀬戸の海では、認知症に関するご相談を受け付けおります。ご相談には専門職が対応いたします。お気軽にスタッフにお声かけください。

対象

 認知症と診断された当事者の方やそのご家族。最近、物忘れが気になると心配している方やそのご家族。地域に在住されている認知症に関心のある方、などお気軽にご参加ください。

活動報告

平成31年2月19日(火)

一年で最も寒さが厳しいこの季節。今回のカフェ瀬戸の海では今年も「誤嚥性肺炎やと口腔ケアについて」玉野市歯科医師会より木下俊一先生と岡山県歯科衛生士会より武田明美さんをお招きして講義とブラッシング指導を行っていただきました。

はじめに木下先生より「誤嚥性肺炎や口腔ケアについて」の講義をしていただきました。高齢者は口腔機能が低下しやすく、オーラルフレイルと呼ばれる状態になりやすいそうです。そのため口腔機能が低下した状態では食物を誤嚥しやすく、高齢者の死因1位の肺炎の多くの割合がこの誤嚥による「誤嚥性肺炎」なのだそうです。
この誤嚥性肺炎の予防には口腔ケアが必要です。口腔ケアには「最近の正常化」「嚥下機能の改善」「栄養状態の改善」など多くの役割があり適切な口腔ケアが求められるそうです。最後に残った歯の本数で食べられる物が決まってくるそうで、高齢になっても歯を一本でも多く残すことで食事を楽しむことができるとのことでした。また「8020運動」の様々な取り組みもご紹介していただき、何かあればまずは歯科医に相談することで歯の健康を保ち、より健康寿命を延ばすことができるのだと感じました。

後半は武田さんより「からだの健康は口の健康から」ブラッシング指導をしていただきました。歯ブラシの動かし方やブラシの当て方や角度など、会場では実際に歯ブラシを使いながら指導を受けることができたので、より深く理解できたのではないでしょうか。

最後に武田さんより折り紙のコマのプレゼントがありました。真上から優しくまっすぐに息を吹きかければうまく回るのですが、これがなかなか難しく皆さん苦戦されておられました。歯や口磨きは虫歯予防だけでなく歯周病予防にもなり、また脳の刺激にもなります。口の動きを保ち、健康に暮らすためにも毎日のブラッシングはとても重要なことだと教えていただきました。

~大切なお知らせ~                                               

平成28年4月より開催日が毎月第3火曜日に変更になりました。       (場所・時間等の変更はございません)       

日時:平成30年10月16日(火)

   10:00〜15:00  (開催時間内は出入り自由です)

場所:すこやかセンター(玉野市総合保健福祉センター)大会議室

   岡山県玉野市奥玉1-18-5

参加費:200円(飲み物・お菓子付)

~皆様のご来場、お待ちしております~

精神科デイケア
重度認知症デイケア
グループホーム こまくさ
介護支援計画 プランニングこまくさ
デイサービスこまくさ
初診の方へ