グループホーム こまくさ

グループホーム こまくさ

認知症対応型共同生活介護

グループホームとは?

認知症なある方が、家庭的な雰囲気の中で24時間スタッフの介護を受けながら少人数で一緒に生活するところです。

グループホーム こまくさでは

ゆったり我が家

『物忘れを認め、同じ痛みを持った仲間同士が家庭的な雰囲気で「今、ここで」を大切に笑顔あふれる生活ができるところ』を理念にしています。
居間でゆったりと昔話をしたり、食事の用意をしたり、洗濯物を畳んだり、みんなと一緒に過ごします。

お部屋は、個室でプライバシーが保てます。

今まで使っていた家具や思い出の品を持ち込むことができるので、 落ち着いて過ごすことができます。
私たちは、活き活きとした、笑顔あふれる、その人らしい日々を送っていただけるよう共に生きたいと思います。


定員:2ユニット 18名

構造:鉄筋3階建て
見学・相談は随時行っております。

〒706-0011 岡山県玉野市宇野2-19-18
TEL:0863-32-5093

活動報告

令和3年10月10日(日)

こまくさ運動会

 秋の心地よい風の中、緊急事態宣言下ではできなかった近所の散歩にも出かけるようになり、少しずつではありますがコロナ以前にできていたことを生活の中に感じることができるようになりました。毎年恒例のイベントもコロナ仕様になったものの、できる範囲の中でしっかりと楽しむことをコンセプトに今年もこまくさ運動会を開催しました。

「今年の運動会は10月10日じゃって」と日程が決まると皆さんで協力して準備を行ないました。こまくさ運動会は毎年恒例の玉入れの玉チェックはもちろん、案内状やプログラムまで手作り感満載です。また当日に向けての練習にも力が入ります。「それ!」「入った~!」等、練習から皆さん本番さながらの盛り上がり!

そしていよいよ本番当日…

 玄関には皆で作った立派な横断幕とプログラム!「わ~、えー天気じゃな~」「運動会日和じゃなぁ」と皆さんが口にするほど今年は天気に恵まれました。

 早速、ラジオ体操で体が温まったところで、まずは借り物競争よりスタート!借り物の内容は様々です。帽子やエプロンといった物から12月生まれの人、カメラマンなど細かな指定のあるものまであり、会場が元気な声に包まれました。

 次は恒例の玉入れ!今年は投げるのが難しい方でも参加できるよう、転がしても投げても点が入るように一工夫。「よーい、スタート!」と同時に紅白の玉が弾けます!「入った!」「入りゃーせんが」と一喜一憂しながら皆さん真剣勝負に徹しています。「立ってするわ!」と言われる方もおられ、ハラハラドキドキの好勝負となりました。
 競技を終え、集計の間は敵味方なく仲良く踊りを楽しみました。皆さんハッピに身を包み炭坑節です♪「月が出た出た~♪」と踊る人、手拍子をする人、楽しみ方は人それぞれです。

 そしていよいよ結果発表!…今年は白組の勝利!勝った白組には優勝旗が贈られ、紅組にはカップが贈られました。そしてしっかりと全競技に取り組まれた皆さんにはメダルが贈られました。最後に感想を聞くと「あっという間に終わってしもうた」「天気が良かったから気持ちよかった」と皆さん楽しまれていました。

 運動会でしっかりと体を動かした後は、お待ちかねのバーベキュー!皆さんお腹いっぱいいただきました。「おいしい!えー肉じゃなぁ」「もう入らん、はち切れそうな」と皆さん大満足のお昼となりました。


 今年は本当に天気に恵まれ、食事が終わった後もしばらく外でのんびりと過ごされる方が多かったのが印象的でした。こうやって心地よい秋空のもと、みんなと一緒に食事をする。コロナ以前は当たり前に普通にできていたことが、当たり前ではない状況だからこそ、「今、ここで」今のその時をしっかりと楽しむ大切さを改めて感じることができました。

 各施設のご紹介

精神科デイケア
重度認知症デイケア
グループホーム こまくさ
介護支援計画 プランニングこまくさ
デイサービスこまくさ
初診の方へ